歌を纏う

こんばんは?

 

おはようございますか?

 

 

相変わらずおかしな時間に生息してるマンです

(^ω^;);););)

 

 

 

 

 

 

 

 

冷静に客観的に見ても

 

推しの今回に賭ける思いをどうにか色んな人に知ってもらいたい

 

って必死感が出まくりだなぁ

 

って思う自分の推し活ですが

 

 

 

 

 

勿論当人の気持ちに応えてあげたい

 

とか

 

出来る事ならスポットライトの当たる場所に押し上げたい

 

が原動力だったりする一方で 

 

ある後悔が頭の隅にずっとあって

 

 

ああいう事は二度としない

したくない

 

 

 

 

って事もあり書いてる次第

 

 

 

 

 

 

 

 

たまにツイートだったり会話だったりに出てくる通り

 

現場系のゴリゴリのヲタクのスタートは元モーニング娘。のエース中のエース

 

後藤真希です

 

 

 

 

 

 

 

 

極端な話 日本中知らない人は皆無じゃないかくらい勢いが凄かった子ですが

 

当人的にはやりたい事と目の前にある仕事の違いに戸惑うところも多かったようです

 

 

 

 

 

 

 

 

日本全国どこのツアーでも吹っ飛んで行って

色んな会場で色んなヲタクと知り合う内に

どういうわけかそこそこ有名ヲタク扱いをされたりもしてた楽しかった過去ですね

 

 

 

 

 

 

話戻して

 

多分メディアも一般の方達もイメージはモーニング娘。のエース後藤真希だと思いますが

 

 

実際凄いのは17歳の誕生日に本体を卒業してソロ活動を始めてからですね

 

 

 

 

本体にいる時はあれだけ持ち上げてたメディアもぶっちゃけ扱いは徐々におざなりに

 

 

それとは反比例するように

『自分はこういう事がしたい』

『もっとこういう曲を歌いたい』

 

コンサートスタッフさん等に積極的に意見を出して一緒に作り上げる事で

 

娘ヲタやその他全体含むハロヲタからはこんな声が出始めます

 

『ごまコン凄い』

 

王道よりはアーティスト寄りって言うのかな?

 

カッコいい方向に徐々に舵を切った事でヲタクからは評価が上がって

 

メディア露出は減ったけど

それよりカッコいいを追求した故に身内評価は高まるけど所謂[モーニング娘。の]って人達の気持ちが離れ始めた時期だったかも知れません

 

 

自分はと言えば

それまで出演シーンが全体の半分くらいでもソロになって2時間みっちり見ても同じチケット代ならソロ最高じゃね?

 

って時期ですね笑笑

 

ただ確実にそのネームで引っ張れる動員数はあからさまに減ってたので先を危惧する気持ちは片隅にはありました

 

 

 

 

そしていよいよアップフロント

(ハロプロは通称で会社名はアップフロントエージェンシー)

を離れてavexに移籍という決断をします

 

 

 

 

 

 

 

ヲタクも何がなんでもどこの会社でも付いていく派となんでavexなん?育ててくれたハロ捨てるんかい?派に分かれ自分は後者でした

 

 

 

 

 

勿論一流中の一流アーティスト揃いの中で学べる事や吸収出来る事はたくさんあるし祝福したさもどっかにはありましたが

なんとなく古巣や仲間を置き去りにして旅立つ姿に納得いかなかったんだと思います

 

 

 

結果としてそこで一旦ヲタ卒するわけですが

(この時はまさか1枚の写真で辻ヲタになるとは思ってない笑)

 

 

 

 

そこの部分にものすごく後悔があって

 

なんで新しいステージで頑張る姿をちゃんと見届けてあげなかったんだろう

 

とか移籍後はお世辞にもそんなに枚数も売れてないので

 

なんでたくさん買って下支えしてあげなかったんだろ

 

とか色々な思いというか後悔があって

 

特にavex行ってからの曲ってハロ系みたいなキャッチーさは無くなったけど実際いい歌ばかりなので

 

 

なんであの良い歌をもっと知ってもらおうとしなかったんだろ?

 

 

 

 

っていう

 

それが未だに本当に申し訳ない事したな

 

推すなら推すでちゃんとその人の為に出来る事は全部しないと後悔するな

 

 

っつー話ですよ

 

 

 

 

 

 

ちょこちょこフォロワーさん減ってるのもわかってるし押し売りされたって見たくない物は見ないよって人の方が多いのもわかってるけど

 

それでも今推してる子には自分が出来る

出来る限りの事をしてあげたいな

 

可愛いし絶対的に歌は凄いんですよ

 

 

 

 

 

 

だから全力でやって

 

それでもダメならそれは自分の力不足なんだろうな

 

 

とは思ってて

 

 

 

まぁ確実に今までよりは遥かに良い印象は残していってるけども

 

所謂『数字』が絶対である以上

 

 

それが少しでも増えるように

 

 

その手伝いをしていきたいですね

 

 

 

 

 

 

 

もう後悔する推し方はしたくないから

 

 

 

もっと頑張らなきゃね

 

 

 

 

以上早朝のどうでもいい話でした

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぃん